婚活パーティーの男女比率について

せっかくの婚活パーティ—ですのでやはり男女比率のバランスって気になりますよね。当たり前です。極端に男性ばかりが目立つパーティーだと気後れしてしまいますし逆に女性ばかりでも何だか浮かない感じです。
やはり会費をきちんと納めてしかるべき場所で大手の企業が運営している婚活パーティーであれば男女の比率のほうこそきちんと割り当ててあるものではないでしょうか?

その当たりの事前チェックは行うことをお勧めします。男女の比率の完成度こそカップル成立度につながっているということです。
もしも過去に婚活パーティーに参加されてあまりにも男女比の割合が不都合という思いをされた場合にはその会社さんは次回から避けることも賢明でしょう。

なんと言っても最近では男女比は必ずプラスマイナス三名までと厳重に謳っている企業さんもあります。
せっかくお目当ての人を見つけたのにライバルがやたら多いのではチャンスも逃してしまいますしきっかけにも繋がらないものです。
今回がだめなら次回・・と時間とお金を無駄遣いするのではなくきちんとした会社を選んで男女比を確実に確かめてここなら
安心という線引きのできる婚活パーティーにこそ有意義な時間が持てると思います。


実際の婚活パーティーの比率をチェックしてみよう!



最近の婚活パーティーでは、男女6対4ぐらいの割合で比較的女性の割合が多い傾向にあります。
婚活パーティーの男女比率は多少人数に前後はあると思いますが、主催者側もなるべく男性・女性の人数をあわせようとしています。なぜなら、男女の比率は婚活パーティーの中で重要な要素の一つだからです。男女の比率が極端に偏ってしまうとカップル成立率が下がります。男女の比率があればあるほど、ライバルが増え、意中の人と話す確率も低くなります。

PARTY☆PARTYでは、男女比はプラスマイナス2名以内での開催を徹底しており、一回の参加で話ができる最適人数にもこだわっています。また、キャンセル料をちゃんと徴収する婚活パーティー主催者側は業者の方が、しっかりした男女比でパーティーを開催している傾向があります。キャンセル料が高いと、キャンセルする人も減りますからね。申し込みを早く締め切る業者も、この男女比対策がしっかりしていることの表れといえます。

管理人こじろ

PICK UP!

ptf 私が参加している、婚活パーティーを比較してまとめてみました。個室系と通常系の違い、各社のメリットデメリット、男女比、進行の違いなどを解説しています。初めて参加される方、カップリングがなかなかうまくいかない方に、是非読んで欲しいと思います!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ